Fleshlight ユニバーサルローンチ | オナホール

注目のキーワード: ufo乳首ペニスサックパンストメスイキディルドTENGA

  • アダルトグッズをクチコミで探す
  • おとなのおもちゃを目的で探す
  • おとなのおもちゃをランキングで探す

■Fleshlight ユニバーサルローンチ

Fleshlight ユニバーサルローンチ
箱もデカいです。内容物は本体、予備バンド、デバイスホルダー(3種)、AC電源用充電アダプタ(アタッチメント付き)。対応オナホは付属していないのでご注意ください。

箱もデカいです。内容物は本体、予備バンド、デバイスホルダー(3種)、AC電源用充電アダプタ(アタッチメント付き)。対応オナホは付属していないのでご注意ください。

「どちらのダースベーダーですか?」と聞きたくなるようなデザインです。これだけを見て、電動オナホと気付く人はいないでしょう。 ※数値はNLS実測値

「どちらのダースベーダーですか?」と聞きたくなるようなデザインです。これだけを見て、電動オナホと気付く人はいないでしょう。 ※数値はNLS実測値

かなり大きいのですが、オナホが別体なのでそれほど重くはなく、両手持ち前提の形状ゆえ、取り回しは楽チン。 ※数値はNLS実測値

かなり大きいのですが、オナホが別体なのでそれほど重くはなく、両手持ち前提の形状ゆえ、取り回しは楽チン。 ※数値はNLS実測値

プレイ中の視点に近い、下から見たところ。オナホを固定するラチェットバンドは内径の調整幅がちょっと狭いですね。 ※数値はNLS実測値

プレイ中の視点に近い、下から見たところ。オナホを固定するラチェットバンドは内径の調整幅がちょっと狭いですね。 ※数値はNLS実測値

機構部分のストローク幅は約10cm。“Vピス”よりも長く、装着するオナホによっては、かなり官能的な表現ができそう。 ※数値はNLS実測値

機構部分のストローク幅は約10cm。“Vピス”よりも長く、装着するオナホによっては、かなり官能的な表現ができそう。 ※数値はNLS実測値

「Fleshlightシリーズ」のひとつ“STU”を装着してみましょう。ケースごとバンドに通してラチェットで締めるだけ…と、メチャクチャ簡単です。

「Fleshlightシリーズ」のひとつ“STU”を装着してみましょう。ケースごとバンドに通してラチェットで締めるだけ…と、メチャクチャ簡単です。

3種のデバイスホルダーが付属。上下から挟むタイプと、幅広で載せるだけのタイプ、マグネットで脱着するタイプと適宜使い分けできます。

3種のデバイスホルダーが付属。上下から挟むタイプと、幅広で載せるだけのタイプ、マグネットで脱着するタイプと適宜使い分けできます。

ホルダーの取り付けは本体上部のアームにビスを通すだけ。とはいえ、いちいちホルダーを付け外しするのは面倒かもしれませんね。

ホルダーの取り付けは本体上部のアームにビスを通すだけ。とはいえ、いちいちホルダーを付け外しするのは面倒かもしれませんね。

オナホを装着し、ホルダーにスマホを取り付け、プレイ準備完了。硬質なケースだけに安定感があり、とても扱いやすいです。

オナホを装着し、ホルダーにスマホを取り付け、プレイ準備完了。硬質なケースだけに安定感があり、とても扱いやすいです。

操作ボタンは左右のグリップ部分に集約されています。ストロークの長さ・速度は各4段階、ポジションは上・中・下の3カ所です。なお、ストローク幅を最大にすると、ポジション変更ができなくなります。

操作ボタンは左右のグリップ部分に集約されています。ストロークの長さ・速度は各4段階、ポジションは上・中・下の3カ所です。なお、ストローク幅を最大にすると、ポジション変更ができなくなります。

充電は専用のACアダプタを使用。フル充電まで約1.5時間、連続稼働は約60分と優秀。さらに充電しながらでも作動するのがナイスです。

充電は専用のACアダプタを使用。フル充電まで約1.5時間、連続稼働は約60分と優秀。さらに充電しながらでも作動するのがナイスです。

プレイ時はこんな風に両グリップを握って、下腹部に押し当てます。意外とスマホ画面が見にくいですが、調整次第かな…。

プレイ時はこんな風に両グリップを握って、下腹部に押し当てます。意外とスマホ画面が見にくいですが、調整次第かな…。

ストローク幅の広さに加え、位置調整やスピード変更なども自在。かなり多彩な快感表現ができ、工夫すれば手持ちのオナホも装着できちゃいます。

ストローク幅の広さに加え、位置調整やスピード変更なども自在。かなり多彩な快感表現ができ、工夫すれば手持ちのオナホも装着できちゃいます。

「Fleshlightシリーズ」はいろいろありますが、貫通式の“Quickshot(クイックショット)”以外は概ね対応しているので、飽きずに楽しめますね。

「Fleshlightシリーズ」はいろいろありますが、貫通式の“Quickshot(クイックショット)”以外は概ね対応しているので、飽きずに楽しめますね。

Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ

Fleshlight ユニバーサルローンチ
Fleshlight ユニバーサルローンチ
箱もデカいです。内容物は本体、予備バンド、デバイスホルダー(3種)、AC電源用充電アダプタ(アタッチメント付き)。対応オナホは付属していないのでご注意ください。
「どちらのダースベーダーですか?」と聞きたくなるようなデザインです。これだけを見て、電動オナホと気付く人はいないでしょう。 ※数値はNLS実測値
かなり大きいのですが、オナホが別体なのでそれほど重くはなく、両手持ち前提の形状ゆえ、取り回しは楽チン。 ※数値はNLS実測値
プレイ中の視点に近い、下から見たところ。オナホを固定するラチェットバンドは内径の調整幅がちょっと狭いですね。 ※数値はNLS実測値
機構部分のストローク幅は約10cm。“Vピス”よりも長く、装着するオナホによっては、かなり官能的な表現ができそう。 ※数値はNLS実測値
「Fleshlightシリーズ」のひとつ“STU”を装着してみましょう。ケースごとバンドに通してラチェットで締めるだけ…と、メチャクチャ簡単です。
3種のデバイスホルダーが付属。上下から挟むタイプと、幅広で載せるだけのタイプ、マグネットで脱着するタイプと適宜使い分けできます。
ホルダーの取り付けは本体上部のアームにビスを通すだけ。とはいえ、いちいちホルダーを付け外しするのは面倒かもしれませんね。
オナホを装着し、ホルダーにスマホを取り付け、プレイ準備完了。硬質なケースだけに安定感があり、とても扱いやすいです。
操作ボタンは左右のグリップ部分に集約されています。ストロークの長さ・速度は各4段階、ポジションは上・中・下の3カ所です。なお、ストローク幅を最大にすると、ポジション変更ができなくなります。
充電は専用のACアダプタを使用。フル充電まで約1.5時間、連続稼働は約60分と優秀。さらに充電しながらでも作動するのがナイスです。
プレイ時はこんな風に両グリップを握って、下腹部に押し当てます。意外とスマホ画面が見にくいですが、調整次第かな…。
ストローク幅の広さに加え、位置調整やスピード変更なども自在。かなり多彩な快感表現ができ、工夫すれば手持ちのオナホも装着できちゃいます。
「Fleshlightシリーズ」はいろいろありますが、貫通式の“Quickshot(クイックショット)”以外は概ね対応しているので、飽きずに楽しめますね。

商品レビュー

好きなオナホを好きな動きで楽しめる
アウトピストン式の最上位マシン!

“孤高の第3世代”として、長らく独走状態にあった「A10ピストンSA +PLUS(プラス)」に、ついに黒船に乗った最大のライバルが出現! なんと、その正体は世界で最も売れているオナホールブランド「Fleshlight」の電動ピストンでした。

まるでスターウォーズに出てきそうな黒く巨大な筐体は、「Fleshlightシリーズ」のショート&ロングカップを接続する仕様。

もちろん、ラチェット式のバンドで固定するだけですから、工夫すれば一般のカップ型オナホや樹脂製のハンディオナホも使えそうで、この辺のマルチアジャストな汎用性も大きな魅力といえるでしょう。

ボディ両端にはグリップがあり、ここに操作スイッチも集約されています。本作はとにかくピストン動作の表現が多彩で、じわじわ責めるスローな動きができるうえ、約10cmあるストローク幅も好みで可動域を選べます。

設定によっては、2本指で小刻みにシコる皮オナの動きから、ネットリ舐め上げるディープスロートのような動作まで再現可能。速度も自在に変えられるため、激しい騎乗位のようなアクションだってOKです。

自分の望む快感表現が自由にセッティングでき、しかもそれがハイパワーでトルクのあるモーターによって、ストレスなく稼働するとなれば満足度は相当高そう。お気に入りのオナホが装着できれば、なおさらです。

現物をチェックするまで気になっていた駆動音もわりと控えめだったので、これなら一人暮らし以外の方でも音バレリスクなく使えるでしょう。

実際…高額なだけあってモーターや各パーツの品質レベルは相当高く、電動オナホとしては間違いなく満足できるパフォーマンスだと思います。

あとは快感特性や設計・仕様の面で「自分にマッチするかどうか?」が判断のポイントであり、やはり「A10ピストンSA +PLUS(プラス)」と比較して悩む方も多いんじゃないでしょうか。

両者における最大の違いはピストン方式です。本作はケース入りのオナホが剥き出しのまま上下するアウトピストン式で、これは手コキのようなクッキリとした刺激表現が得意。メンテがラクなうえ、挿入中のビジュアルにも興奮できるメリットがあります。

対して“Vピス”はインピストン式。膣内が蠢くような快感表現を特長とし、安全性の面でも有利。専用アイテムによってハンズフリー化もしやすく、動画連動を使えば、完全に身を任せたご奉仕感を味わえます。

また、本作が自分で動きを制御するマニュアル車だとすれば、“Vピス”はほぼお任せのオートマ車。装着するオナホを含め、自分好みの快感を自由にセッティングしたい人は、本作の方が相性はいいでしょう。

いずれにしても、両者は設計思想が異なるだけで、どちらも間違いではありません。電動オナホとしては超一流同士の戦いとなりますが、これだけの金額になると「どっちも買っちゃえ〜♪」とは簡単にいえないのが、悩ましいところですねぇ。

【対応シリーズおよびFleshlightカテゴリのご案内】
本作に対応するFleshlightシリーズの一覧です。一部、NLSでは取り扱いのないモデルも含まれますが、今後入荷する可能性もあります。

■Fleshlight Goシリーズ
■Fleshlight Girlsシリーズ
■Fleshlight Iceシリーズ
■Fleshlight Turboシリーズ
■Stamina Training Unitシリーズ(STU)
■Original Fleshlightシリーズ
■Sex in a Canシリーズ
■Fleshlight Vibroシリーズ
■Fleshjack Boysシリーズ

※オナホカテゴリ内のFleshlightシリーズはこちら

商品コード :

0 円
NLS会員なら1824〜7299ポイント還元
クチコミ情報★★★★★5.00
★4
0
★3
0
★2
0
★1
0






Fleshlight ユニバーサルローンチ

この商品の関連特集ページを見る


おすすめの関連商品


この商品を買った人はこんな商品を買っています

  • 最近チェックした商品

  • お気に入り商品

  • 定番商品
最近チェックした商品がありません。